2015年3月11日水曜日

福島県双葉町の元町長・井戸川氏「日本政府は3.11の直前、巨大地震・大津波が襲うことを知っていた」

本日は3月11日です。震災で亡くなられた方々へ1分間の黙祷を捧げます。

井戸川 克隆元双葉町町長「日本政府は3.11の直前、巨大地震・大津波が襲うことを知っていた」

これが事実ならば、当時の政府関係者は全員「死刑」ですね。

・東日本大震災発生前の3月4日からマリコン(海洋土木会社)の佐田建設、不動テトラ、日特建設急の出来高が急に膨らんでいる。3日に情報をつかんだ者がインサイダー取引をしたことになる。これを買ったのが米系ヘッジファンドと言われている。



・2011年3月4日、茨城県鹿嶋市下津海岸でイルカ50頭が打ち上げられる。

点と線がつながった!

2011年3月4日 茨城県鹿嶋市下津海岸でイルカ50頭が打ち上げられる
2011年3月 神奈川県鎌倉市七里ガ浜海岸でクジラが打ち上げられる

≪2011年3月11日 東日本大震災発生≫

2011年11月 神奈川県平塚市の海岸でクジラが打ち上げられる
2011年11月 神奈川県茅ヶ崎市の海岸でクジラの死骸が打ち上げられる
2011年12月 埼玉県行田市利根川に1万5062匹のサケが遡上
2011年12月 兵庫県瀬戸内海・最奥・播磨難イルカ20匹迷い込む
2011年12月 千葉県東京湾・最奥・船橋港イルカ1匹迷い込む
2011年12月 千葉県東京湾・木更津内港イルカ1匹迷い込む
2011年12月 神奈川県三浦市でイルカの死骸が打ち上がる
2011年12月 神奈川県三浦市の漁港にイルカ数頭が迷い込む
2011年12月 神奈川県小田原市酒匂川河口でコマッコウ(ハクジラ亜目)が打ち上げられる
2011年12月 静岡県静岡沖でザトウクジラ子供2体漂着
2011年12月 静岡県牧之原市静波海岸にリュウグウノツカイ漂着

2012年1月1日 太平洋・鳥島近海でM7の地震

2012年1月2日 神奈川県小田原市海岸クジラの死骸打ちあがる
2012年1月5日 新潟県長岡市寺泊にクジラの死骸打ちあがる

2013年7月16日(火)、新宿駅西口で演説する福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆さん



「日本政府は、3.11の直前、巨大地震・大津波が襲うことを知っていた」

動画3分45秒~

あのー、今日はもう一つ、とんでもないことを喋らせていただきます…。

2011年、津波のあった年の3月3日、3月3日に地震・津波のあることを日本政府は知ってました。知っていたんですよ。8日前に、地震・津波の8日前に知ってました。

しかし、それを止めたのは、政府と東京電力と東北電力と日本原電が発表を止めてしまったのです。こんなことって許されますか?みなさん。

国民が知らなければならないのに、この電力会社によって、電力会社の都合によって、津波・地震情報が止められたんです。



恐らく、死ななくてもいい人がいっぱいいたんじゃないでしょうか。

これは、青森から千葉県まで、津波に遭って亡くなられた方のことを思うと、無念で無念でなりません。

もちろん、8日もあれば、東京電力は、地震・津波への予防対策もできたんじゃないでしょうか。

それもしないで、津波のせいにして、原発が壊れたのは津波のせいにしてしまったことは許せないんですよ。

あの3月11日の時は、私たちはパニックでした。本当に、どうしていいか分らない。津波から避難する、原発事故から避難する、パニックの最中でしたけれども、3月3日、あの日の8日前に、地震、津波のことを分かっていた。

そういうことに対して、みなさん、私たちは一方的に犠牲者にされたんです。これは人災です。

青森から千葉県までの津波に遭った方、津波の被害を受けた方は、人災を受けたんです。

どうぞ、力をお貸しください。みなさん、私に力を貸してください。

日本が、これ以上、嘘の社会でないように、嘘がはびこることのないように支えてください。よろしく、お願いします。

(中略)

動画8分55秒~

この場所で、私がこのようなことを言って、何か罪になるのでしょうか。

私を見張っている方がいるようですけれども、良心が咎めませんか。

私たちは丸腰です。今あるのはマイクとスピーカーだけです。マイクで訴えるしかできないんです。しかも、選挙期間中です。

それを、何か見張っているようですけれども、おかしいんじゃないですか。なぜ見張るんですか、私を。

主権者は国民だと思います。国民がこれほどの悲劇に遭って困っているのに、助けないで放置しておいて除染ばっかりやったって、除染をやる前に、福島の人たちを、とりわけ子供たちを避難させるのが人の道です。






内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』


日本語吹き替え版



日本語字幕版





0 件のコメント:

コメントを投稿